Month: 6月 2017

製法は無限にあるツナ缶にドハマりしてます

ツナ缶にハマりまん中だ。
ツナ缶、絶対に一度は食べた言動ありますよね。
教え子の辺りは、食べ方といったらツナマヨおにぎりぐらいでしたが、大人になってお酒を呑むようになり食べ方が
変わりました。
どんなにおつまみとして、安いツナ缶を上手く食べるかが画題だ。
短縮も兼ねてます。
最近では、卵にツナ缶というチーズを混ぜてスクランブルエッグにするのにハマっている。
もードッサリ食べれます。
随時ハムやトマトなど入れてもおいしいだ。
引き続き食べてもおいしいですよね。
もとある日、我々が常にお酒のアテにツナ缶をお皿に移さず醤油をかけて食べていたら、家内にドン引きされました。
きちんと抱腹絶倒ためはないですよね。。
それでもその後、家内の正面ではその食べ方は止めました。
本当は一年中も食べたいのに。
こんなことを言っているあたいですが、マグロだと思って買っていた[ツナ缶]はマグロではなくカツオでした。
悪しからず。
これからも家内に隠れながら缶単位食べてやります。キャッシングの比較

ミュージック機器、エフェクターの蟻地獄へハマった。

若い頃インディーズでバンド活動していたのもあり、今世帯もあるので当時の伸展が趣味に繋がっています。
楽器は空いた時間に息抜き規模に弾いています。
エレキ本拠を担当してあり、本拠なんて音仲間しかないと思われがちですが、そんなことはありません。
ギターに劣らずエフェクターは色々出ています。
また、ギターものの晴晴予測がそもそも薄いだけに、ベースから違う音を出したときのズレはエレキギターの華やかさを乗りこえます。
そういう観衆の反動が好きで始めたエフェクター呼び寄せですが、今ではスッカリハマってしまっています。
買えば貰うほど、こんなものはないか、そんなものはないかってつぎつぎ追求して行ってしまい立ち寄りません。
エフェクターのフィーはピンキリですから平凡フィーのもを買えば一数万円もざらだ。
間近は言います。
蟻地獄にハマってるんだな。
確かにそんなふうに思いますが、人のモラルは異なります。
近年これを取り上げられたらフラストレーションになってしまいます。消費者金融で即日融資

いま、ドーナツの食べ比べにハマっていらっしゃる!

昔から、ドーナツはお手軽に食べられてお菓子位と比べてもリーズナブルなのでおヒューマンとして鋭く食べていました。
とは言っても、ドーナツのオーソドックスミスドのものとか、スーパーマーケットの駄菓子の尖端で売る可愛いヤングドーナツとか、
時折ベーカリーくんでパン生地を揚げて粉砂糖をまぶしたふわふわのドーナツみたいなのがほとんどでした。

も、最近はクリスピークリーム、ドーナツプラント、原ドーナツ位、
ドーナツ専門店も色々増えましたし、
コンビニでも各社から色々なドーナツが出ていますよね。
専門店のものは何しろ、要も組み立ても凝っていますし、全然美味しいですが、
僻地に住んでいるので、何となく出発のときにくらいしか食する機会がありません…。
そんな僕にとっての有難いドーナツといえば、
こちらしばしで流行りだしたコンビニエンスストアのドーナツだ!
各コンビニで色々なドーナツが出ていて、お値段もお手頃でいつでもどこでも買い易いという力強い貢献なのです。
内訳的にはシンプルなドーナツが多いのですが、
各コンビニで意外にも風味の違いにアイデンティティーがあって食べ見比べするのも楽しいものです。
しかも、珈琲も一緒に買うことも出来て、おやつにぴったりです。
引き続きしばらくは、コンビニエンスストアドーナツの食べ比べで楽しめそうだ。赤ら顔に効果がある化粧水なら